ユースケースの共有

実際のユースケースを共有していく事は極めて重要で、実際にAIでどんな事ができるのか、イメージできないユーザー様がたくさんいらっしゃいます。ユーザー様が開発したいモデルと完全に一緒でなくとも、応用可能な事例や、考え方、エッセンスをご理解いただければ、それぞれの企業で、過去のユースケースから新たなアイディアが生まれ、新しい取り組みが始まっていきます。

また、今後様々なケーススタディが共有されることで、皆様のやりたい事と似たようなケーススタディが掲載され、実際に動くプログラムソースがあることで、開発工数が大幅に削減され、自身のデータを使ってすぐにお試しになることが可能となります。

本コンソーシアムでは、そのようなユースケースの共有を行ってまいります。